マキノさん

愛知・豊川で365日プロフェッショナルな仕事をするJA職員マキノさんの日常を追います。

豊橋中日ハウジングセンター(豊川市)にて

こんにちは、つくしです。

 

365日プロフェッショナルな仕事をするJA職員マキノさん、4月23日(日)のサン・ジョルディイベントにて、とよかわバラのPRを行いました。

 

f:id:iwa15:20170509233810j:plain

*マキノさんの相棒、iPad(2代目)(本記事とはあまり関係ありません)

 

サン・ジョルディイベントが行われたのは、こちらのハウジングセンター。

そう、実は豊川市にあるんです笑

 

今回のサン・ジョルディイベントは2017年豊橋中日ハウジングセンター開催イベントの中でも2番目の来場者数であったと聞きました。

 

内容は、

・本棚づくりなどのワークショップ

・飲食ブース

花男子プロジェクトによる花贈りパフォーマンス

など。

 

つくしもいそいそと出かけましたが、飲食ブースに出展してたGITAさんのパスタ&バケットがめちゃくちゃおいしかった!!(本もバラも関係なし笑)

 

そんな中、マキノさんはとよかわバラの魅力を各所でPR。

「日持ちするとよかわバラは愛情も長持ち」

との名言?で、来場者の奥方をメロメロにしていました。

 

とよかわバラの特徴はこちらに記載が。

JA HIMAWARI Official WEB Site ひまわり特産品ガイド

なるほど、日持ちさせるために様々な工夫をしているわけですね。

 

花を贈るとき、それは、贈る相手に伝えたい思いがあるとき。日持ちする「とよかわバラ」はそこに込められた思いも長持ちし、しっかり伝えられるということ、ですねマキノさん。

 

 

そんな、マキノさんの向かう先ですが、

 

はっきりいってわかりません!!!

 

大胆予測するなんて前回は書きましたが、予測不能です。

なぜなら、365日プロフェッショナルな仕事をするJA職員マキノさんの活動量がものすごいんです。

 

ちなみに、今後かかわる企画として聞いたものとして、

 ・とよかわ豚の料理プロデュース

 ・とよかわバラの日の制定に関わるイベント(ラジオ出演含む)

 ・オリジナルlineスタンプ作成

など、これでもまだ一部らしく…。

 

今後のマキノさんの活動を追うことで何か見えてくるものがあるはずだと、つくしは願っています。

 

次回はそんなマキノさんの過去を少しひも解いてみようと企てています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

つくし